2020年 8月5日(水)~8月11日(火)まで休診とします。
CATEGORY

近視・遠視・乱視

老眼鏡を掛けても見えにくい

新しく老眼鏡を作ったのに見えにくくなるので「眼鏡が合ってないのでは?」と受診される方も多いです。よくお話を聞きますと「眼鏡を掛けて最初は見えているが、1時間も本を読んでるとぼやけてくる」と仰る方が多いですね。こういった場合には、新しく眼鏡を作る必要がないことがほとんどです。 中高年の方は必ず老眼になります。老眼は「手元が見えにくい」という症状のほかに「疲れやすい」という症状が出ます。すると目を使っ […]

乱視が心配だ

「あなたの見えにくい原因は近視ですから眼鏡を合わせましょう」とお話しますと、かなりの確率で「え、近視だけですか?乱視はないですか?」と聞かれます。 近視や遠視と言われてもどうと言うことはないのに、なぜか乱視だけは「あってはいけないもの」と考えておられる方が多いです。 かと言って「近視と乱視はどう違うか?」を具体的に知っておられる方は皆無だと思います。不思議にも訳も分からず乱視を恐れておられる方がほ […]

近視・遠視

近くが見える:近視 遠くが見える:遠視 と考えておられる方が多いようです。近視に関しては「手元は見やすいが黒板の字が見えにくい」のでそれで正しいです。一方、遠視に関しては正しくありません。遠視は「遠くも近くも見えにくい」のです。若い間は眼球の予備能力によって補ってくれますので、少々の遠視があっても遠くの景色が見えます。でもある程度の年齢になると予備能力が失われてきまして、遠視本来の見え方になるため […]

眼鏡を掛けると余計に近視が進む?

子供さんを連れられたお母さんに「そろそろ眼鏡をかけさせてあげましょう」とお話しすると、 「こんなに早くから掛けさせるのはかわいそうなので嫌です」 「眼鏡を掛けると近視が早く進行するので嫌です」 と断られてしまうことがあります。 眼鏡が必要ですねとお話しした時点で、子供さんはかなり見えにくくなっています。成長期において、黒板の字だけではなく空の星や道端の花を見ることはとても大事なことだと思っています […]