眼にゴミが入った その1

眼にゴミが入った場合は大きく分けて2つのケースがあります。

1.結膜異物

これは「結膜(しろめ)」にゴミがはさまった状態です。

「朝起きたら眼が痛い その2」にも書きましたが、

http://www.kobayashiganka.co.jp/??p=481

多くの場合、上まぶたの裏側に入ってしまいますので、いくら御自分で洗眼しても眼科で処置しない限り取れません。常にゴミが動いてるような感じがしてとても痛く、痛みで眼が開けられないと言うことも珍しくありません。

2.角膜異物

これは角膜(くろめ)に何かが刺さったケースです。典型的なのは、鉄工所で作業されてる男性が防護眼鏡を掛けずにグラインダーやドリルで金属を削ってた・・・という場合です。結膜異物と違って、鏡でよく見ると角膜の上に黒(鉄)もしくは白(アルミ)の破片が見えます。ただし1mm以下の大きさです。これは金属(鉄であることが多い)ですから、ゴミに加えてその周囲に錆も生じてきますのでなかなかやっかいです。

これも御自分で取ろうとせず、眼科での処置が必須です。