OCT

OCTとは光干渉断層計のことです。当院ではツアイス社製シラスHD OCT4000を導入しております。

 これは眼底の微細な構造の断面図を見ることが出来るという非常に画期的な装置です。これまでの眼底検査では、我々眼科医の目によって患者さんの眼底を直接見た状態でどんな病気かを判断しておりました。ところがそれはあくまでも眼底の表面的なものを見てるだけに過ぎませんでした。その病気の部分がどれだけ盛り上がっているのか?また盛り上がったその奥には何があるのか?などは決して分からなかったのです。

このOCTによって細胞のレベルで眼底の断面図を見ることができるようになり、眼底の病気の診断が飛躍的に正確なものとなりました。今やこの器械無しでは日常の眼科診療が不可能になるとさえ言えましょう。この器械が役に立つのは、糖尿病網膜症や網膜血管閉塞など出血や水ぶくれを起こす病気、さらに緑内障など神経が弱っていく病気などです。